2021年 在宅勤務を利用した副業

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

2021年になり、新年早々に緊急事態宣言が出される事になりました。

また在宅勤務が中心になってしまいますし、収入も減ってしまう。

そんな風に不安に感じている人が多い事かと思いますが、悲観していても状況は何も変わりませんから、こんな時だからこそ何かプラスに変えられそうなことはないか?そのように考えてみませんか?

前向きに考えて一つ一つ行動していくと不思議なもので、今置かれている状況が少しずつではありますが良くなって行く事が多々あります。

会社から在宅勤務を命じられてただその仕事をこなすのも悪くはないんですがどうせなら、出社するより自由に使える時間というのは出てくる訳です。

その時間を有効に使ってみてはどうでしょうか?

コロナ禍で減ってしまった収入分を補える位の副業をその時間を使ってやる事も充分可能です。


例えば、今では誰でも耳にした事があるWebライターなどは文章を書くのが少し得意だという人であればおすすめできます。

仕組みは簡単です、ランサーズ、クラウドワークス、1度は聞いた事があるんじゃないでしょうか。

何をやっているところかというと、企業や依頼主がネットで募集をかけてそれをユーザーが請け負う仕組みをクラウドソーシングと言うんですけどそれらを行っているところと認識してください。

まず始めるにはランサーズやクラウドワークスに登録します。

そこで自分の能力にあった案件を探して依頼を受けるのが流れになります。

簡単な案件も多数ありますので安心して始められるのも副業としてお勧め出来ます。

報酬の大体の目安ですが、誰でも出来そうな簡単なものであれば一文字あたり0.5円~1.5円くらいだと言われています。

普通にこなしていれば、月に5万位の収入にはなると思うので、主婦の方にもかなりお勧め出来ます。

もっと稼ぎたい、そういう方でも案件によっては10万~といったものもあります。

そういった案件は専門性が高いなど受ける側のスキルも要求されますのでそういったスキルがある方は収入を大きく伸ばせるのも魅力です。

副業には本業以外の収入得られる以外にそれによって人脈も得られるメリットがあります。

今回はWebライターを紹介しました。

簡単な案件も多数ありますので、是非登録して、挑戦してみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました