東京五輪開催の是非について思った事こと

スポンサーリンク
未分類
この記事は約2分で読めます。

東京五輪は開催するべきか?中止するべきなのか?

開催の是非はさまざまで、取り分け中止の意見が半数を超えていますね。

やはりこれだけコロナウイルスが拡大されていて、最近では変異ウイルスが広がりを見せていることからも中止という意見には納得せざるえないところです。

五輪出場選手に対しての辞退してほしいというツイートが悲しいことに拡散されていますが、選手側にしても辞退してほしいとツイートした人を批判している人も、ちゃんとその意見にたいして気持ちというものがくみとれていないなと感じています。

まずは批判している人達、辞退を要求することが間違っているとか、著名人にいたっては使ってはいけない言葉を用いていたりもしますね。

どうして辞退してほしいと思ったのかをまずは考えないといけない。

辞退してほしいと声をあげることに何のメリットもありません。今回のように批判される事の方が圧倒的に多いのは解りきっている事です。

じゃあ何故声を上げたのか?理由は簡単じゃないですか。五輪が開催されたとしてコロナウイルスが爆発的に広がり自分の大切な家族や恋人、友人などが亡くなったら。

誰でもそんな事を受け入れる事は容易ではありません。残された人は途方もない悲しみを背負わされる事になってしまいますね。

選手側にしても、その日の為にしてきた努力や苦難はあくまで選手としての立場でしかありません。今回のコロナ禍では最悪の事態も充分考慮しなければいけない、大切な人の命が危険にさらされてしまうかもしれない問題です

命より大切なことなんてあるんだろうか?

確かに五輪が開催されれば多くの企業は利益が回復する兆しが見えて喜ばれるかもしれない。実際自分の勤めている企業もそうだ。

ただ、真剣に向き合わなければいけない事には目を背ける事は自分には出来ない。

そんな犠牲を強いてまで僕は五輪を開催してほしいとは到底思えません。

批判されるのは覚悟しています。これが間違っているのかなんて関係ない、僕は大切な人を守ってやりたい。

ただそれだけだったんじゃないでしょうか?

今回は後味が悪いかもしれませんが正直な気持ちを書かせてもらいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました